ニャオワンとノーノースメルは、足のエチケットケア商品の中でも人気を集めていますが、どっちがいいのか徹底比較しました。

(ニャオワンとノーノースメルの特徴を比較!)

・ノーノースメルの特徴
ノーノースメルは、防臭や汗対策、殺菌、角質ケアにアプローチする商品で、殺菌成分にイソプロピルメチルフェノールを配合しています。

さらに、ノーノースメルには柿タンニンやチャエキス、セイヨウニワトコ、オドリコソウを始め複数の成分が配合されています。

・ニャオワンの特徴
ニャオワンは、足裏のアンチエイジングに働きかけながら、足の臭いをケアします。

ニャオワンの主な成分は、フラーレンやEGF、牛乳、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、セラミド、尿素、セイヨウナシ、西洋シロヤナギ、ヨーグルト、レモングラスなどです。

(どっちがいいの?)

ニャオワンとノーノースメルの成分を比較すると、ノーノースメルは一般的な足のエチケット商品に近い内容になっていて、ニャオワンは新感覚エチケットケア商品と言えます。

・どっちがいいの?
ニャオワンとノーノースメルを比較した場合、それぞれに特徴があり比較が難しいものの、『足裏のアンチエイジング』という点を比較すると、断然ニャオワンがおすすめです。

・ニャオワンがおすすめな理由は?
ノーノースメルも足の角質ケア成分を配合していますが、ニャオワンは比較してもダントツの美容成分を配合しています。

そのため、足裏の角質ケアに着目した対策を目指す方に、ニャオワンはおすすめなエチケットケア商品です。