私たちの足には多くの雑菌がついているということになります。そういうと怖い、汚いと思うかもしれませんが常在菌というのは基本的に誰でもあるものですからそこまで気にすることではないです。そして、そうした雑菌は皮脂や垢を餌として生きていることになります。そして、特徴として、高温多湿の状態が好きということになります。

足の匂いというのはこの雑菌等が汗などを分解することによって起きるに良いという事が一つの原因としてあり得るのです。それこそが注意したほうがよいことであり、大事になってくることは足を洗うことであるわけです。足を洗うことによって汗や皮膚などの老廃物などを剥がすことができるようになります。ですから、まずは足をしっかりと洗う事からやるようにしましょう。

そして、靴も洗うことです。靴に臭いが染み付いている場合において、それはどうしても足にも臭いが染み付くことになります。その点は避けるべきであるといえるでしょう。それは間違いないことになります。あくまで足の臭いとは自分のものではあるのですが、だからこそ処理をしっかりとすることによって改善をすることは可能なのです。すべて自分の行動によってそれはできるようになります。

足の角質をケアしましょう

足の裏に角質が溜っていると足の臭いが強くなります。角質は汚いものじゃないんだけどあまりに溜ってしまうとよくないですよね。かかとが硬くなって見た目が悪くなるし、触ってみるとガサガサで角質が溜っているだけで女性らしさに欠けます。

角質がこんもり溜っているところは汗が出にくいですよ。よくかかとに角質が溜ってかかとがひび割れしている女性がいますが、そのくらい角質が溜るとそこからは汗が出なくなります。足の裏には汗腺が手のひらと同じように無数にありますが、角質で汗腺に蓋をしてしまっている状態になってしまうんですね・・・。

それでも角質が溜っていない土踏まずからは大量の汗が出てきます。土踏まずはよほどの扁平足でもない限り浮いている状態ですから角質は厚くなりません。そこから汗がたっぷり出てくるので足は臭くなります。

対策としてはまずかかとの厚い角質をやすりで丁寧に削ること。専用やすりが売っているのでそれを使ってやさしくかかとをこすります。何となく肌らしくなればそこでやめます。削りすぎるとますます角質が溜る原因になってしまうので気をつけましょう。日頃足裏の手入れをこまめにしていれば足が臭くて悩む回数が格段に減るはずです。